大人ニキビは乾燥から?肌の潤いを保ってニキビ予防


大人ニキビは乾燥が原因

思春期にできるニキビは成長過程でどうしても増えてしまう皮脂が原因になってますが、大人になると少し事情が違ってきます。大人になると成長ホルモンの分泌は落ち着いて来て皮脂の分泌も減るので相対的にニキビにはなりづらくなるのです。それでもニキビが出来てしまうことはありますよね?それが乾燥によって起きる大人ニキビです。ニキビは皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まってしまうことで起こりますが、大人の場合は乾燥した肌を守ろうとして分泌された皮脂によって引き起こされることになります。つまり肌の保湿さえしっかりできていれば体は皮脂を余分に出す必要がなくなるので、ニキビが出来ない肌にできるんですね。

洗顔はゆるく優しく、全て取らなくてもOK

皮脂がニキビの原因になるのはおそらく皆さんご存知の通りですが、その皮脂を落とすために過剰に洗顔をしてしまうのも乾燥肌を招き、すぐに皮脂を分泌させて本末転倒になってしまう事が多々あります。肌への過剰な刺激もダメージになりニキビができやすくなるので、なるべく洗顔の時はぬるま湯で優しく洗ったほうが良いですし、洗い終わった後も優しく押すように拭いたほうが肌への刺激が少なく済みます。顔を綺麗にしたら化粧水で水分を足し、その化粧水が蒸発しないように油分を含んだ乳液などで膜を張る事で肌を保湿することができます。

男性の場合も実はこの化粧水や乳液は使ったほうが良いとされていますし、徐々に男性向けの商品も出てきています。なかには化粧水と乳液が一つで賄えるオールインワンの商品もありますので、大人ニキビに困っている方は是非試してみてください。

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることにより、アクネ菌が増殖して炎症のもとになる成分を作るためにできます。アクネ菌は通常は無害ですが、空気がないと増える性質のため、毛穴が皮脂で密閉されると増殖するのです。