すべすべになりたい人集合!脱毛すると肌がすべすべになる理由3つ


自己処理をする必要がなくなる

肌のトラブルの元になるのがムダ毛の自己処理です。特にカミソリを使った自己処理では肌の角質を削いでしまい、ダメージが蓄積されていきます。それにより肌がブツブツザラザラになってしまい、挙句の果てには肌がボロボロになってしまいます。脱毛すれば毛の生える周期が遅くなったり、毛が生えてこなくなったりするため、自己処理をする回数を減らすことができます。肌への負担をなくすことができれば、数多くの肌トラブルのリスクを回避することができるのです。

根元から毛を処理するので黒く目立たない

カミソリなどで毛を処理する場合、表面に出ている毛しか処理できません。それでは毛穴の中に毛が埋まってしまい、残った毛の断面が毛穴を黒く見せるので毛穴が目立ってしまいます。光脱毛やレーザー脱毛は毛を根元から処理するため、黒く目立つようなことはありません。毛抜きや除毛クリームを使った根元から毛を引き抜く脱毛方法もありますが、それでも毛はすぐに生えてきてしまいます。脱毛は毛を生やす組織を刺激し、次の毛が生えてこないようにすることから、自己処理するよりも毛穴が目立たず肌がすべすべになるでしょう。

毛穴が引き締まりキメが整う

毛穴は皮脂や汗、老廃物を排出するために必要なため、完全になくなることはありませんが、脱毛することで毛穴が引き締まり毛穴が目立たなくなります。毛穴が引き締まればキメが整い、すべすべの美肌を手に入れることができます。また、産毛がなくなることで化粧水や美容液が毛穴の奥に行き届くため、美容にも良いです。ムダ毛や自己処理から解放されることがすべすべの肌になるためには必須と言えます。

美容や身だしなみのため、体毛を意図的に除去することを指します。自己処理は安価かつ手軽にできる一方、肌への負担が大きいため、医療脱毛クリニックやエステで短期間で効果をあげる方法が主流となっています。